【すぐ辞められる】会社に行かずに退職する方法を3つに絞って解説

  • 会社に行かずに退職したい…
  • 仕事が辛すぎて、すぐに会社を辞めたい…

このようなお悩みを抱えてはいませんか?

実は会社に行かずに退職することは意外と簡単です。

会社の人に責められることもないし、家族や友達に知られることもありません。

具体的な方法としては、以下の3つです。

  1. 退職代行サービスを使う
  2. 退職届を郵送する
  3. バックれる

この中でも、一番リスクが少なく、デメリットが小さい辞め方は「①退職代行サービスを使うこと」です。

もし、「退職代行サービスが気になる」「すぐに退職したい」方は、以下の記事を見てください。

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

2020年1月15日

この記事では、会社に行かずに退職する方法3つをわかりやすく解説します。

「会社に行かずにすぐ退職したい!」という方の参考になれば幸いです。

会社に行かずに退職する方法3つ【すぐ辞められる】

会社に行かずに退職するための方法は次の3つ。

  1. 退職代行サービスを使う
  2. 退職届を郵送する
  3. バックれる

それぞれメリット・デメリットがありますので、具体的に解説していきますね。

①退職代行サービスを使う

一番安全でリスクが少ないのは、退職代行サービスを使うことです。

退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職代行会社が会社に連絡してくれるサービス。

 

つまり、あなたから「会社を辞めたい」と伝えなくても、会社が「この人は退職するんだな」と納得してくれるサービスなのです。

デメリットとしては、費用が3万円から5万円ほどかかること。

ただ、安全かつすぐに会社を辞められる費用としては安いですし、それで自由になれるなら払ってもいいのではないでしょうか。

退職代行サービスの詳細や、おすすめの退職代行サービスは、次の記事を参考にしてみてください。

②退職届を郵送する

2つ目は、退職届を作って送ることです。

実は退職するのに、わざわざ口頭で「会社を辞めたいです」と伝える必要はありません。

退職届とは、「会社を辞めたいという意思を示した書面」であり、退職届を郵送することで退職することができます。

しかし、黙って退職届を郵送すると、怒りの電話がかかってくることがあります。最悪の場合、家に押しかけられてしまうことも。

ただ、電話で淡々とやり取りしながら退職の手続きを進められる人であれば、自分で退職届を作って郵送するのも良いでしょう。

③バックれる

3つ目が、何もせずバックれることです。

法律的には退職したことにはならないのですが、諦めの良い会社であれば、「あの人は飛んだんだな…」と諦めてくれる可能性があります。

しかし、急に会社に行かずに辞めてしまうと、再就職の際に必要な年金や社会保険の手続書類などがもらえないといったリスクがあります。

なので、本当に精神的に限界な場合を除き、退職代行サービスを使うか、退職届を郵送して穏便に済ませる方法を取りましょう。

会社に行かずに退職するメリット・デメリット

ここからは会社に行かずに退職するメリット・デメリットを解説します。

会社に行かずに退職するメリット

  • 会社の人と合わずに仕事を辞められる
  • 人間関係のストレスから離れられる
  • 電話や郵送でやり取りすることになるので、冷静に退職手続きを進められる

まず、めんどくさい人間関係から離れて辞められるのが大きなメリットです。

実際に会って話をしてしまうと、なかなか辞めづらくなってしまい、結果としてズルズル働くことになる可能性があります。

また、電話や郵送でやり取りをすることになるので、結果として淡々と退職手続が進む可能性が高いです。

なお、退職代行サービスを使うと、さらに冷静に辞めることができますので、とてもおすすめです。

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

2020年1月15日

会社に行かずに退職するデメリット

  • 怒りの電話がかかってきたり、家に押しかけられる
  • 引継をせずに辞めてしまうと、会社から損害賠償を請求される可能性がある
  • 同じ業界に転職しづらくなる

まず、社員が急に会社に来なくなると、会社側がすごく焦ります。

「なぜ急に来なくなったんだ」「今残っている仕事はどうするんだ」と現場がパニックになる可能性があります。

しかし、多くの場合、3日も経てばかなり冷静になり、なんだかんだで会社は回ります。

損害賠償を請求される可能性もありますが、よほどの損害を出さない限り裁判を起こされる可能性は低いですし、そもそも大した額を請求できないので、会社が裁判を起こすことはほぼありません

冷静に手続きを進めれば、会社に行かずに退職するデメリットはほぼないと言っていいでしょう。

転職しづらくなる可能性もある

ひとつだけ注意しておきたいこととして、同業界に転職しづらくなるというデメリットがあります。

リファラルチェックといって、転職先の会社が前の会社に「この人の働きぶりはどうでしたか?」と電話などで確認することがあります。

会社に行かずに辞めると、「実はこの人急に会社に来なくなったんですよね」と伝えられてしまった場合、転職しづらくなるというデメリットがあります。

ただ、今ではそういう風習はなくなっていますし、同業界に転職しなければ良いだけなので、特に問題はないと考えてOKです。

会社に行かずに退職した後の転職・再就職を成功させる方法とは

会社に行かずに退職すると、その後の転職や再就職に影響が出ないだろうか…

と心配される方も多いと思います。

結論から言うと、何も心配しなくて大丈夫です。

なぜなら、今の時代、会社を辞めて転職することは本当に普通のことですし、前の会社に連絡して本人の素行確認をすることもほとんどなくなっているためです。

何度も辞めたり、再就職をしたりを繰り返しているとまずいかもしれない

唯一心配すべきこととしては、職歴が短かったり、何度も転職したりしていると、それを理由に書類選考で落とされる可能性はあります。

しかし、世の中良い会社ばかりではないですし、短期間で辞めるのは仕方ないケースも多いです。

もし、書類選考に受かって面接まで進めた場合、「なぜ前の会社を短期間で辞めたのか」「転職を繰り返しているのか」といったことをうまく説明できれば大丈夫です。

嘘を付かずに正直に話せば、面接担当者もわかってくれるでしょう。

あまり会社を辞めることに臆病にならず、辞めたい時にはすぐに辞めてみてください。

まとめ

会社に行かずに退職する3つの方法について、解説してきました。

再度まとめると、以下のとおりです。

  1. 退職代行サービスを使う
  2. 退職届を郵送する
  3. バックれる

この中で一番安全でリスクなく辞めるには、①の退職代行サービスを使うのがベスト。

退職代行サービスであれば、会社と揉めることなく辞められますし、何より自分で会社とやり取りしなくても辞められるのが大きなメリットです。

会社を辞めた後の転職をサポートしてくれる企業も多いので、安心して辞められます。

会社に行かずに退職しても大丈夫ですよ。安心して会社を辞めましょう。

おすすめの退職代行サービスは以下でまとめています。ぜひ退職代行サービスを活用して会社を辞めてみてください。

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

2020年1月15日