【自然に退職できる】退職代行を連休明け・ゴールデンウィーク明けに使うのがおすすめな理由

2020年のGWは、5/2(土)から5/6(水)までの6連休。

「7日からの仕事が憂鬱で仕方ない…」と思ってはいないでしょうか。

実際、連休明けの仕事が辛いと感じる方は多く、退職する人が増える傾向にあります。

  • 新卒で入社した人
  • 中途採用で4月に入社した人
  • 長く働いていたが疲れてしまった人

「五月病」という言葉もあるとおり、連休明けの仕事が憂鬱に感じることも仕方ありません。

連休明け・ゴールデンウィーク明けに仕事を辞めるのはよくあることで、実は退職に向いている時期といえます。

例えば、退職代行サービスなどを使って、自然に会社からフェードアウトすることも楽にできます。

この記事では、連休明けの仕事が辛くて仕方がないという方向けに、「連休明けに退職をするのが良い理由」を解説しています。

仕事は無理に続けるものではありません。辛いなら、辞めてゆっくり休んでみてはいかがですか。

連休明け・ゴールデンウィーク明けに退職したいと感じる人は多い

例年、長期の連休やゴールデンウィーク明けの仕事を辛いという人は増加傾向にあります。

スタッフサービスによる調査データでは、

  • 連休明けに仕事が辛いと考える人は80%を超えている
  • 連休明けの仕事が辛いと感じるのは、朝起きた瞬間が最も多い
  • 連休明けに退職したい・転職したいと思ったことがあるのは、40%以上

といった結果があるようです。

確かに連休を目いっぱい遊んだり、ゆっくり過ごしたりした後で、仕事をしなければいけないと考えると辛くて仕方ないですよね。

連休明けの仕事を辛いと思うのはとても普通なことなので、特に気にする必要はありません。

むしろ、その「仕事が辛い」と思う気持ちはそのままに、退職してしまってもいいでしょう。

仕事は辛いものではなく、楽しんでするものです。辛いと思いながら仕事をするのは、おすすめできません。

退職代行を連休明け・ゴールデンウィーク明けに使うのがおすすめな理由

連休明けの仕事は辛いけど、急に退職したら会社に迷惑がかかったり、非常識だと思われたりはしないだろうか…

こんな心配をする方もいるかもしれません。

しかし、心配は無用です。

大抵の場合、連休前にはある程度仕事を整理しておいて、連休明けは新たなスタートを切るといった体制で用意していることが多いですよね。あなたもそうなのではないでしょうか?

仕事が整理されているのであれば、あなたの仕事を引き継ぐ人も特に大変ではないでしょうし、そもそも辞めた後のことをあなたが心配する必要などないのです。

実際、連休明け・ゴールデンウィーク明けに退職する人は多い

2019年のゴールデンウィークは史上最長の10連休だったこともあり、連休後に退職希望者が殺到しました。

以下は過去の記事からの引用ですが、連休明けに退職したい方はとても多いことがわかると思います。何も不思議なことではありません。

退職代行サービス SARABA(サラバ)」には、職場に退職を言い出しにくい顧客からの依頼が殺到、7日だけで約100件を処理した。連休中に50件を受け付けていた上に、「新規申し込みも今日だけで50件近くあり、めちゃくちゃ忙しいです」と同サービスを展開する那覇市の企業「ワン」の岡本大輝氏(27)。

同社は2万9800円で、職場への最初の電話連絡から退職に関する全ての手続きまで代行する。先月は約500件の申し込みがあった。

引用:10連休明け列島「令和」仕事始め お役所てんてこまい、退職代行業者は大繁盛

「“連休まではせめて働こう”と思っていても、実際に長い休みが明けて仕事が始まることをイメージすると、“やっぱりムリだ”と心折れる。それで相談に来るケースが非常に多い。『勤務先に電話してほしい』という依頼は、連休が明ける5月7日が一番多いです」

引用:今年の5月病は深刻? 退職代行に殺到する「会社辞めたい」コールの衝撃中身

私自身、もともと公務員だったのですが、ゴールデンウィークや年末年始といった長期休暇明けは気分が暗くなったのをよく覚えています。

会社は連休明け・ゴールデンウィーク明けに退職した人のことをどう思っているか

結論を言うと、何とも思っていません。

私自身、仕事を辞めたり同僚が仕事を辞めたりといったことがあったのですが、何一つ悪い影響はありませんでした。

もちろん、誰かが辞めて数日は仕事の引継ぎや辞めたことに対して何か思うこともあるでしょうが、3日も経つとそもそもいなかったかのような雰囲気になり始めます。本当です。

むしろ、連休・ゴールデンウィークが明けてしばらくしてから休む方が、会社の人に恨まれることになります。

つまり、連休明け・ゴールデンウィーク明けは会社を辞める絶好のタイミングであり、ある意味ではラストチャンスなのです。

連休明け・ゴールデンウィーク明けに退職するなら、退職代行の利用を検討してみるのがおすすめ

通常、退職する時は上司に報告して、退職するための面談が合って、退職届を出して…といっためんどうな手続きを踏む必要があります。

当然ですが、退職するためには会社に出社しないといけません。

でも、連休明けに会社を辞めるためにわざわざ出社するのはめんどうですよね。

しかし、退職代行サービスを使えば、会社の人に会うことなく、めんどうなやり取りをせずに会社を辞めることができるのです。

利用の流れは、退職代行会社の担当者とやり取りをして、料金を振り込むだけ。あとは退職代行の担当者が会社に連絡をしてくれて、スムーズに辞めることができます。退職届や会社の備品は郵送で返却すればOK。

正直、連休明けに退職の手続きをするのは気が重すぎます。退職代行業者に任せて、自分のことだけを考えられる環境を作りましょう。

次の記事では、おすすめの退職代行サービスを厳選して紹介しています。無理することなく、安全に退職してくださいね。

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

2020年1月15日