退職代行は逃げだと思っているなら、それは間違い。働く理由を考えるべき

会社を辞めたいけど、自分では言い出しづらいから退職代行を使いたい。

でも、自分で言わずに退職代行を使うのは、逃げだとか非常識だと思われそうで怖い。

本当に辞めたい時にすら退職代行を使うのは逃げなのだろうか…

こんな疑問に応えます。

結論から言うと、退職代行を使うのは逃げでも何でもありません。

むしろ現状を変えるという意味では、勇気ある行動といえます。

しかし、世間には「退職代行を使うのは逃げ」だとか「退職代行なんてものは甘え」なんて意見もあるようです。

それでも退職代行を使いたいなら使って退職すべきです。勇気をもって辞めた方が結果的にいい結果になることは多々あります。

そこで、この記事では「退職代行が逃げという考えが間違っている理由」を深掘りして考えていきます。

「退職代行は逃げなのだろうか…」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

退職代行は逃げだと思っているなら、それは間違い。働く理由を考えるべき

退職代行は逃げではありません。

辛い状況にあるのに働き続けても、何一つメリットがありません。

心が疲れる一方で仕事でも成果が出しづらく、さらに会社に居づらくなり、そして辞めたくなる。

むしろ、退職代行を使ってでも退職した方が結果としてより良い方向に行きます。

退職代行が逃げとか甘えという考え方は、むしろ「退職代行を使う勇気がない側の意見」といえます。

心が疲れている状態で働き続けると、不幸になるだけ

私自身も経験がありますが、仕事で心が疲れている状態で働き続けると、辞めたいという気持ちが段々大きくなっていきます。

それでも無理して会社に通い続けると、最終的には考え方もマイナスになっていくし、ついには体が動かなくなってしまいます。これは実際に体験したことです。

仕事とは本来楽しんでやるべきもの。楽しむとまではいかなくても、普通はそんなに辛くなるものではありません。

「仕事が辛い」「会社を辞めたい」と思いながら働くのは、正直に言って普通ではないのです。

もし、会社の中で「仕事は辛いものだ。頑張って働かないのは甘え」などと言っている人がいれば、その人の意見は100%間違っています。

心が疲れているのであれば、退職代行を使ってもいいので、すぐに退職すべきです。

そもそも働くのは、より良い人生を歩むため

少し大きい話になりますが、人生をより良くしていくためには「充実感」が必要不可欠です。

しかし、今のあなたが仕事に対して感じているのは、「閉塞感」ではないでしょうか。

要するに、「会社を辞めたい」という思いは、「辛い・しんどい・早く帰りたい」といった閉塞感から来ているのです。

後ろ向きな気持ちで働き続けても、決して人生は良くなりません。

自分が大変だけど続けたいと思う仕事に出会うためにも、辛い仕事や会社はすぐに辞めるべきなのです。

退職代行を使われた側が迷惑や非常識と感じるのは仕方がない

一方で、「退職代行を使って辞めると、会社に迷惑がかかるのでは」「非常識と思われるのは」と思われることを心配になるかもしれません。

確かに、退職代行を使われる側としては驚くし、場合によっては怒りすら感じるでしょう。

ただ、そもそも直接退職の意思を伝えられたところで、結果として人が辞めることには変わりありません。

むしろ、退職代行サービスは退職にかかるトラブルを減らしてくれるものです。

退職代行が迷惑や非常識と思われるのも仕方がありませんが、実は会社にとっても迷惑があるのが退職代行サービスなのです。

そもそも退職代行を使われる会社が悪い

そもそも「退職代行は逃げ」や「退職代行を使って辞めるのは甘え」と考えている会社は考えが古すぎです。

今の時代、人が辞めるのは当たり前ですし、「自分の口で退職を伝えるのは…」という方がいても不思議ではありません。

むしろ、普通の会社は退職代行を使って辞められることはほぼありません。なぜなら、会社と本人の関係が良好だからです。

退職代行を使われるということは、つまり利用する方に「退職代行を使ってまでも話したくない」と思われていることと同じ。

退職代行を使われる会社の体質自体に問題があると考えるべきなのです。

それでも本当に辛い時は退職代行を使ってでも辞めるべき

できれば、退職は自分の意思で伝えた方がいいです。

やはり人と人との関係でできているのが世の中ですし、退職代行を一度使うと、次に退職する時も退職代行を使わなくてはいけなくなる可能性があります。

直接伝えるのが難しければ、メールをしたり、書類を郵送したりなど、直接上司に話さなくてもいい方法がいくらでもあります。

しかし、直接伝えないことのデメリットとしては、その後の手続きに手間がかかってしまうこと。

そこで、退職代行サービスを使うと、退職代行業者が退職にまつわるいろいろな手続きをサポートしてくれるので、いくらか楽になるのです。

「退職したいけど、自分の意思で伝える勇気が持てない…」という方こそ、退職代行を使うメリットが大きいと言えるでしょう。

会社くらい辞めたところでどうにでもなる

それでも、「会社を辞めたらどうなるのだろう…」と不安になる方は多いと思います。私もそうでした。

  • 会社を辞めた後の生活はどうなるのか
  • 給料が振り込まれなくなるので、支払いに困ってしまう
  • 再就職は難しくないだろうか

といった多くの不安があるでしょう。

しかし、実際のところ、意外となんとかなります。

意外とすぐに次の就職先は見つかりますし、大してお金が減ったりしません。

むしろ、辛いと思いながら働き続けることの方が、何より貴重な時間を失うことに繋がり、結果として損をしてしまいます。

「辞めても意外と何とかなる」、この言葉を胸にポジティブに会社を辞めることを考えてみてください。

退職代行は辞める勇気をくれるサービス

最後に、退職代行サービスに抵抗がある方に伝えたいことがあります。

それは、退職代行は「辞める勇気をくれるサービス」だということです。

  • 会社を辞めるのは逃げや甘えだと思われないだろうか
  • 会社を急に辞めると、迷惑や非常識と思われないだろうか
  • 次の仕事はすぐに見つかるのだろうか

と、会社を辞めるにあたっては、いろんな心配事があるかと思います。

しかし、退職代行サービスはそういった「会社を辞めたいけど、辞めるのが不安」という方をサポートし、より明るい未来に進んでもらうためのサービスなのです。

人生は長いです。なら、会社を辞めるくらい何でもありません。

本来仕事は辛いものではなく、「大変だけど何とかなる」くらいのものです。

もし、会社で働き続けるのが辛くて仕方ないのであれば、退職代行を使ってスムーズに次に行きましょう。

おすすめの退職代行サービスは次の記事でまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

【徹底比較】数ある退職代行サービスから選んだおすすめ人気ランキング

2020年1月15日